原付の廃車と手続き

原付の廃車と手続き

原付にバイク車検はありません。
バイク車検が切れたら廃車、というタイミングがないので、原付の廃車はなかなか思い切れないものです。
バイク車検があれば重い腰を上げられるのに、バイク車検がないがために今では乗っていない原付が野ざらしに…なんて人、いるんじゃありませんか?
しかし、このまま放っておいても仕方がありません。
バイク車検の有無に関わらず、乗らない原付は廃車してしまいましょう。
存在しないバイク車検を待っていても来るはずはないので、バイク車検以外の理由やタイミングを見つけて、思い切って廃車してください。
原付の廃車手続きは、ナンバープレートを管轄する市区町村の役場で行います。
名義変更や引っ越しでナンバーが変わる際も同様の手続きが必要なので、覚えておいてください。
廃車手続きにはナンバープレートが必要。
これ以外に自分で持っていく物は、印鑑(シャチハタも可)と「標識交付証明書」だけです。
標識交付証明書に関してはなくても手続きができます。
原付廃車の手続きは役場で「廃車申告書」を作成して証明書と合わせて提出し、ナンバープレートを返納するだけ。
「廃車証」を受け取れば手続き上の廃車は終了です。
名義変更や引っ越しの場合はここまで行えばOK。
実際に廃車にする場合は、解体業者にお願いして原付をスクラップにしてもらいましょう。
ただし、すでにナンバープレートを返納しているので、当の原付に乗って業者まで持っていくことはできません。

運ぶ手段を考えましょう。

関連ページ

バイクの廃車手続きと費用
廃車するしかなくなってしまった車は、もうかなりダメージが来ている場合がほとんどです。廃車にはどれくらいの費用がかかり、何を準備する必要があるのでしょうか。一度廃車について考えてみましょう。
バイク回収業者を利用する際の注意点
廃車するしかなくなってしまった車は、もうかなりダメージが来ている場合がほとんどです。廃車にはどれくらいの費用がかかり、何を準備する必要があるのでしょうか。一度廃車について考えてみましょう。