廃車に必要な書類と費用

廃車に必要な書類と費用

廃車には、永久抹消と一時抹消があります。
永久抹消は、車体を引き取る業者を探して自動車を引き取ってもらいます。
まずナンバープレートを外しておき、自動車リサイクル券以外を受け取ります。
その後、業者から解体報告記録日の通知がきます。
廃車手続きには、この解体報告記録日の通知と申請書、手数料納付書、実印、3ヶ月以内に発行した印鑑証明証、車検証、自動車リサイクル券、ナンバープレートが必要です。
こうした書類がすべて揃ったら、窓口に申請します。
自動車税が還付されるときには、その申請もします。
一方、廃車の一時抹消手続きでは、申請書と自動車税申告書、実印と所有者の印鑑証明、車検証、手数料納付書、ナンバープレートが必要となります。
このほかに印紙料350円必要になります。
廃車手続きの一時抹消手続きは、永久抹消とは異なります。
一時抹消は、再度車を利用することができますが、永久抹消はできません。
廃車手続きにかかる費用としては、永久抹消の場合は、車の状態によっても変わってきますが、だいたい1万円前後と見積もると良いでしょう。
一時抹消の場合には、手数料は印紙代が廃車手続き費用となります。
もし、廃車手続きを業者に依頼する場合には、2000円から4000円ほど高くなると考えておくと良いでしょう。
自動車税や自賠責保険、それに自動車重量税などが残っている場合には、還付されるので廃車手続きをする場合の費用は、ケースによりさまざまです。

関連ページ

自動車の廃車手続き
廃車するしかなくなってしまった車は、もうかなりダメージが来ている場合がほとんどです。廃車にはどれくらいの費用がかかり、何を準備する必要があるのでしょうか。一度廃車について考えてみましょう。
廃車にするような中古車を買取してもらえる?
廃車するしかなくなってしまった車は、もうかなりダメージが来ている場合がほとんどです。廃車にはどれくらいの費用がかかり、何を準備する必要があるのでしょうか。一度廃車について考えてみましょう。